漫画ネタバレタイムス 「ゴールデンカムイ」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ゴールデンカムイ288話ネタバレ「爽やかな男」

ゴールデンカムイ ネタバレ

週間ヤングジャンプ第39号(2021年8月26日発売)第288話
1902年ロシア領事館が舞台となる。ウイルクたちは若き頃の土方に出会っていた。
そして五稜郭で命を助けたのは他でもなくウイルクたちであった。

前回 今回 次回
287話 288話 289話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 288話 」

若き頃の土方歳三

1902年ロシア領事館へと舞台は戻る。

ロシア領事館で土地の権利書を見つけたが、それをそうすればいいか困惑。

するとウイルクは榎本武揚に助言をもらおうという。

しかし他の者はそれを疑問視する。

そもそも榎本武揚に届く前に奪われてしまう。

しかしキムシプはニシパなら届けてくれるかもと希望をもつ。

そのニシパとは。

時は1868年に。

若いことのキムシプがいる五稜郭で土地の購入について話し合っていた。

キムシプは馬のために井戸から水を汲み上げていた。

そのときに洋風の服を着ているなんとも爽やかな男が現れる。

手伝おうとその男はいう。

榎本武揚との交渉内容を問われるが、ここは榎本さんに任せっきりだ。

俺は戦と馬と女しか得意じゃないと微笑む。

その爽やかな男こそが蝦夷共和国の幹部、土方歳三であったのだ。

土地に関してのことは榎本武揚しか知らず、交渉は順調であったためキプシプたちは金塊は渡そうとした。

しかし榎本武揚だけでも信じすぎるなということで金塊を分散させることにする。

政府軍の総攻撃

そうこうしているうちに政府軍の総攻撃がきて、箱館山に避難しているときき、キムシプも向かおうとしていた。

そのとき、腹から血を出し、大怪我を負った土方が現れた。

ほっとけと皆がいう中、キムシプは土方を助けようとする。

土方を隠し、看病をした。

この間に旧幕府軍の軍艦は破壊されていた。

土方はこのままで艦砲射撃で五稜郭が陥落すると呟くも、もうすでに眠っている間に制圧されたというのだった。

それを知った土方は箱館山へ向かう、その間に五稜郭は猛攻撃を受けていて、その光景を土方は目の当たりにするのだった。

土方に気づいた政府軍は銃を土方へ向ける。

それを止めるキムシプ。

そして放たれた銃弾はキムシプの仲間の頭を撃ち抜くのだった。

そして政府軍へ降伏し、引き渡されたのだった。

この恩は忘れないと言い残して。

そして榎本武揚には土方のことは言わなかった。

土方のことはなぜかひとつもでてこなったが、数年後に監獄に幽閉されていたことを知った。

土方の恩

1902年に戻る。

そして土方ならば榎本武揚に話をつけてもらえるかもしれぬ。

看守にでもなって脱獄させるかと提案。

その土方のことと知ったウイルクはなにか考えがあるようだった。

とりあえず金塊を隠そうと馬用の井戸に砂金を隠すことにした。

そして土方も恩を忘れていなければ未来のアイヌに報いてくれるだろうと井戸の底を覗く。

するとウイルクと土方の姿が重なるのだった。

今回のネタバレ感想まとめ

今回は若い頃の土方さんが登場!なんというイケメン!爽やかすぎる・・・!今も美しいおじいさんという感じですが。
箱館戦争でなにが起こってこうなったのかがわかりましたね。土方とアイヌの繋がりも。まさか若き頃のキムシプに助けてもらっていたとは。今思えば本当に運命的だったなと感じますね。そして怪我をした土方は看病して・・・。命の恩人ですからね。土方がアシリパに協力したり気にかけていたのはこの恩を忘れていなかったから。アシリパはアイヌの鍵を握り人物でもありますが、ウイルクを重なって見えたというのはアシリパを見守る気持ちが父と重なる部分があったのかもしれませんね。今後見つけた金塊をどうバレずに持っていくかが気になりますね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)