漫画ネタバレタイムス 「ゴールデンカムイ」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ゴールデンカムイ287話ネタバレ「門倉の馬」

ゴールデンカムイ ネタバレ

週間ヤングジャンプ第38号第287話(2021年8月19日発売)
権利書の件を鶴見中尉に打ち明けた永倉であったが、それは戦いを一時止める策だった。
刺青を見てなにかに気づいた土方はある場所を掘り進める。そしてその先にはついに・・・。

前回 今回 次回
286話 287話 288話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 287話 」

永倉は生きていた

土方歳三の指示を受け馬に乗り、永倉新八を助けに向かう門倉たち。

永倉さんは橋から出てまっすぐ先の防風林に隠れていた兵士に捕まった。

ということは橋のない方角なら包囲網は薄いはず。

と、兵士たちに会わないようにするルートを予想する。

門倉がハエと勘違いする鉄砲玉を避けながらも向かう。

すると、兵士たちを発見。

五稜郭を出るのがあと一歩遅かったら包囲されていたようだ。

そしてなんとか永倉の元へ辿り着いた。

永倉はなんとか生きていた。

やはり永倉のおかげで艦砲射撃が止んだことを確認。

だが、あくまで一時的だという。

大規模な攻撃を躊躇させる「種」だけは鶴見中尉に残したという。

鶴見中尉たちの考え

一方鶴見中尉たち。

鯉登音之進が大沼公園名物の大沼団子を渡していた。

そして永倉から聞いた権利書の話を第七師団で共有する。

鶴見中尉は嘘だとは言い切れないという。

根拠としては箱館戦争後、明治政府は金欠だったはずなのに新帝都東京の大開発事業は始まった。

上下水道や鉄道の敷設、銀座の煉瓦街。

そして横浜、札幌、東京、大阪と立て続けに建設された巨大ビール工場。

その「酒税」だけで日清戦争の軍備を揃えたというのだ。

たしかに日本軍が次の戦争に備えてあちこちに虎の子を極秘で隠していた事例は多い。

それが事実ならば奥田閣下が知らないはずがない。

鶴見中尉はどちらにせよこの目で確かめる。

土方ののぞみ通り喧嘩するという。

五稜郭包囲網戦である。

ついに見つけた金塊

一方杉本たち。

諦めずに金塊を探していた。

刺青を見てなにかに気づいた土方の指示する場所を掘る。

土方はこの場所を掘る理由を語る。

門倉の刺青にはこの場所を示す重要な文字があったと。

それを聞いてみんなは急いで掘り進める。

するとなにか蓋が現れた。

馬用の井戸のようだ。

当時の五稜郭で馬の世話をしていてこの井戸の存在を知っている人間はもう土方ぐらいしか生き残っていないという。

暴走する白石を取り押さえる。

「一緒に降りよう」と杉元がアシリパを誘う。

そして二人で底に降りた。

するとそこにはたくさんの革袋があった。

さっそく中身を確認しようとすると、焦った白石が底へ落ちてきた。

その衝撃で上へとあげようとしてた革袋が破ける。

そしてその破れた部分からサラサラと金塊が溢れて溢れる。

そして上から降ったかのように井戸の底の杉元たちにふりかかるのだった。

そしてついに・・・という表情。

涙が出る白石。

アシリパに「とうとう俺たちで金塊を見つけちまったね。

」と笑いかける杉元。

その杉元を見てなんともいえない表情をするアシリパであった。

今回のネタバレ感想まとめ

土方の指示のもとそれぞれ動き始める。永倉も。やはり新選組。老いぼれてるわけでなかったですね。
永倉さんも生きていてよかったです。だが、鶴見中尉たちは金塊を確かめるためにやはり喧嘩は行うのですね。最終決戦が目前です。そして、なにかに気づいた土方さん!さすが。馬用の井戸をこのタイミングで思い出してくれました!!!そして掘り進めるとついについについに金塊が見つかりましたね。この旅のゴール、目的といわれるゴールデンカムイを。笑顔な杉元に対して少し寂しそうなアシリパさん。嬉しい気持ちもあるのでしょうが、やはり杉元やみんなと別れるのが寂しいのかなんなのかは不明ですが・・・すごい気になるところですね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)