漫画ネタバレタイムス 「ゴールデンカムイ」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ゴールデンカムイ285話ネタバレ「最終決戦」

ゴールデンカムイ ネタバレ

週間ヤングジャンプ第35号(2021年7月29日発売)第285話
突然の艦砲射撃に挑む杉元一行。だが、そこで永倉新八が単独行動に出る。
その意味は・・・なにか真意は?!

前回 今回 次回
284話 285話 286話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 285話 」

予想よりも早い到着

まだ金塊が半分あるとわかり、気持ちが押さえられない白石。

予想より早い鶴見中尉の到着にまさかと思う杉元とアシリパ。

しかし、艦砲射撃を見てそれを鶴見中尉だと確信するのだった。

焦る杉元一行。

鶴見中尉たちは駆逐艦で来ていたのだ。

鯉登父が在籍している大湊湊部へ話をつけ、札幌から室蘭へ汽車で来た後、駆逐艦で函館港へきていたのだった。

予想を越える最短スピードである。

永倉が動く

そんな中、艦砲射撃を逃げようとするも爆風で堀へ落下した永倉。

水の中で門倉が逃げようと提案するも、水に浸かりながらなにかを考える。

その後、門倉の方へは戻らず前へと泳いで進んでいくのだった。

困惑する門倉たちに「頼んだぞ」という言葉だけ残して去っていく。

そして、永倉は鶴見中尉の兵士が銃を向けるその先にいた。

「誰が来たぞ」と銃を構える兵士たちに永倉は白い布を掲げ、「鶴見中尉と話したい」を意志を告げるのだった。

それを遠くから見ていた門倉たちは永倉を不安視するもなにか考えがあるのだと、土方の方へ戻るのだった。

逃げるしかない

一方杉本一行は、艦砲射撃に為す術なく。

自分たちが掘った穴に身を潜めていた。

「逃げよう」とアシリパがみんなに提案する。

土方は艦砲射撃の意図を予想する。

おそらく艦砲射撃であぶりだされる者を待ちかめている。

まだ出口の三箇所の橋の向こうに大勢の兵士たちが隠れていると。

そして杉元は出口の三箇所以外なら包囲網は薄いかもと考えた。

なおさら逃げるなら今しかない状況である。

しかし、そこに割って入る白石。

「金塊をひと目見るまで死んでも死にきれない」と涙ながらに訴えるのだった。

永倉の目的

そして永倉は鶴見中尉に単独で話しをしていた。

「金塊はなかった」と永倉は鶴見中尉に伝えた。

それに納得するはずもない鶴見中尉。

「アイヌが金塊で買った北海道の土地の権利書があった」と永倉が続けて伝えると、鶴見中尉の表情が一変した。

アイヌが蝦夷共和国と契約し、函館戦争後に榎本武揚が各国の大使を立ち合わせ、明治政府に契約を引き継がせた。

思い当たる節があるはずだと永倉は言う。

そして権利書の内容についても語る。

アイヌ民族がその土地の使用権が認められると書いてあった。

名義はないが、権利書には鶴見中尉側にも価値はあるはずだ、と。

そして土下座をする永倉。

権利書と引き換えに皆の命を保証してほしいとのことだ。

土方歳三は次こそ死ぬべき逃すまいとしている、と永倉の願いである。

しかし、鶴見中尉は分かっていた。

永倉こそ最後に喧嘩がしたくて疼いている頭のいかれた新選組の生き残りだということを・・・。

その真意を。

そして永倉の表情は今から戦えるという喜びで溢れていたのだった。

今回のネタバレ感想まとめ

金塊の半分があると分かった白石の勢いはすごいですね。自分の生死よりも涙ながらに叫びながら金塊を探す。どこまでも生き延びそうですね。
そして鶴見中尉の驚異的なスピードは、やはり恐ろしかったです。利用するものは利用していくスタイル。本当に恐ろしいですね。そんな鶴見中尉率いる大勢の兵士たちとどう戦っていくのか、今後の展開が期待ですね。
艦砲射撃ってそんな数十人もの相手にやりすぎですね。しかも味方もいるのに敵味方関係なくですね。そして永倉さん。顔があんなに温厚でみんなを守るためと思いきや、とんだ策略家。そして喧嘩っぱやい。さすが新選組ですよね。そしてすごい忠誠心。やはり時代を生きた人って感じがしました。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)