漫画ネタバレタイムス 「ゴールデンカムイ」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ゴールデンカムイ282話ネタバレ「一刻」

ゴールデンカムイ ネタバレ

週刊ヤングジャンプ2021年28号(6月10日発売)の『ゴールデンカムイ』第282話

五稜郭似到着した杉元一行。しかしその背後にいた敵は第七師団のものたちだった。そして鶴見中尉たちが迫っていることを知る。逃げる猶予などないと悟った杉元は迎え撃つ覚悟を決めるのだった。

前回 今回 次回
281話 282話 283話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 282話 」

陸軍VS杉元一行

五稜郭に到着した杉元一行。

白石が鶴見中尉の方はまだ暗号を解けていないのかもよ、と呑気にいう。

すると、おや?と背後から気配を感じたのである。

白石以外も何かに気づく。

その瞬間、都丹庵士がしゃがめ!といって銃を撃つ。

その銃撃は衰えることなくずっと打ち続け、陸軍はその場から離れていった。

その逃げ惑う陸軍たちに上から銃で殴りかかる杉元佐一。

しかしその倒し終わった杉元の背後を陸軍が銃を構えた。

そのとき、土方歳三が素早く銃で撃ち、そしてそのまま首を刀で斬った。

凄まじい速さである。

迫りくる鶴見中尉

杉元が死んだ陸軍の上着の中に電報が入っていることに気づく。

そこに記されていたのは、発信人は鶴見中尉、発局は札幌から1時間前のもので「大至急、五稜郭へ!!」というものだった。

それを聞いた白石はフラフラを力が抜けるのだった。

鶴見中尉も謎が解けたという事実が受け止めきれず、ショックで動けなくなった白石をアシリパが持ち上げながら、あとどれくらいで鶴見中尉がくるのかと焦る。

規定の汽車、馬でも1日以上はかかると永倉新八が推測するが、杉元はそんな規定は守らず汽車を乗っ取ってくるに違いない、そうすると半日でくるという。

そのことにいちいち一喜一憂する白石であった。

パニックな白石はその場をスコップで掘ろうとする。

また確実な金塊の場所がわからない中、土方が冷静に「兵楼庫」を指す。

ウイルクたちが訪れたときにも存在していた建物を優先すべきだとのことだ。

しかし、杉元は外のお堀では?、他にも井戸もありえると。

さまざまな意見が飛び交う。

まずは手っ取り早く近くにある井戸を徐ろに探すが、なにもなし。

そういえばと、門倉、キラウシ、夏太郎たちがいないことに杉元が気づく。

どうやら駅で別れて荷馬車の手配に行かせてあるらしい。

そしてそもそも論、今すぐ金塊を見つけたとしてどこまで持って逃げるのか、荷馬車が足りないことに今更気づく。

どうあがいても予想される金塊の袋1200袋を運ぶには何日もかかることは必須である。

鶴見中尉が半日で到着してしまう、そんな持って逃げる時間などない。

こりゃ詰んだな・・・と誰もが思うのであった。

逃げるのではなく、迎え撃つしかない

すると杉元が戦うしかない、ここに籠城して鶴見中尉たちを迎え撃とうと決意した表情でいう。

しかし、皆は不安の表情である。

「第七師団相手に俺たちで?」と。

しかし、杉元は土方には策があるという。

驚く白石をよそに土方は夏太郎たちを待機させているとニヤっとする。

汽車のシーンへ。

そこにはソフィアたちが汽車の上で銃を放ちながら弾けていた。

酒を頭から浴びるソフィア。

ロシア軍と戦ってきた百戦錬磨の奴らと協力、そして、この土方歳三が五稜郭で戦うのは2回目だ、ここでの戦い方をよく知っていると自信ある表情を見せるのであった。

ネタバレ感想まとめ

背後からきた陸軍への杉元たちの連携プレイは素晴らしかったですね。土方さんがいると、グッと締まりますね!あんなお爺さんなのになんか戦闘中でも安心できます。そして鶴見中尉も暗号が解けてしまったことを知る一行。ガックシって感じですよね。わたしも全く同感です。あの軍団だけとは戦いたくないのが本音ですよね。でも金塊1200袋を半日ではどうあがいても運べない、直前になって計画性がちょっとないのでは?と思いましたが、鶴見中尉がそんな早くにくるとは誰も思いませんもんね。恐るべしです。でも杉元の決意は固かったですね。やはりいつか戦わなければというのを感じていたのでしょう。ストーリーの展開的にも戦うのは必須でしょうしね。ついに次号ではVS鶴見中尉が観れるのでしょうか。ドキドキとワクワクで胸がいっぱいです。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)