漫画ネタバレタイムス 「ゴールデンカムイ」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ゴールデンカムイ280話ネタバレ「決意の号砲」菊田死す・・・最後の想いとは!

ゴールデンカムイ ネタバレ

週刊ヤングジャンプ2021年26号(5月27日発売)「決意の号砲」第280話

せっかく杉元と菊田特務曹長が出会えたというのにまさかの悲劇。
胸を鶴見中尉に撃ち抜かれてしまった。その菊田が最後に残した言葉とは・・・。

前回 今回 次回
279話 280話 281話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 280話 」

杉元の今があるのは俺のおかげ

鶴見中尉に撃ち抜かれぐったりとする菊田。

そして鶴見中尉は徐ろに小さなメモを見せた。

そして、シーンは菊田の回想へ。少し前の札幌中島遊園地。

「デット・ドロップ」古いスパイが使う手法である、それを菊田は中央政府との接触するために行っていた。

そのメモはタバコに似せた中央への暗号だった。菊田は中央のスパイであった。

タバコに見立てて渡そうとするも、見知らぬお爺さんに奪われてしまう。そのお爺さんは宇佐美上等兵の手下であった。

そして、血まみれの宇佐美上等兵は最後の力を振り絞って鶴見に渡していた。

鶴見は裏切りに気づいたのであった。油断したな、と。

菊田、最後の言葉

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 280話 」

横渡る菊田は意識朦朧の中、「あなたはお終いです、鶴見中尉殿。必ず殺されますよ。」と告げた。

菊田が殺されれば中央が自分の暴走を制圧しにくるのだろうと鶴見はいい、第七師団に言い放つ。

菊田を撃った銃声は、「決意の号砲」なのだと。

しかし、菊田だ思う鶴見を殺す相手は中央ではない「ノラ坊」だと。自分が育てたノラ坊…、杉元を思い浮かべる。

ノラ坊が杉元だと分かっていない鶴見。そして菊田は地獄行きの特等席を空けておくと煽り、鶴見を撃とうとする。

しかし、月島軍曹に頭を撃ち抜かれ、死んだのだった。その月島の目は揺るぎない鶴見へ忠誠心で溢れていた。

入れ墨の謎、そこが指す先は「五稜郭」

金塊の在り処が解った鶴見は準備を急がせる。軍馬とあらゆるものを集めさせ、最終決戦が近いことを匂わせる。

その頃、同じく謎が解けたアシリパ。

杉元一行と土方歳三たちに伝えようと呼んだ。

人皮を床に広げ、アシリパが他の線を突っ切っている線に注目しろという。すると、星型のマークが見えてきた。これは誰もがわかる星型、そう「五稜郭」である。

かつて因縁がある土方とガムシンは、よりにもよってと微笑む。

ふと上エ地圭二が全ての刺青がなくても解けると言ってたことを思い出す。

きっとそのせいで鶴見たちの謎が解けたのだった。

いらない入れ墨?

そういえば門倉看守部長の入れ墨の写しが1枚残っていた。

他に新しい事実が分かるのでは?と期待を膨らませ、徐にその人皮を真ん中に置いた。

特に中心においても意味のない入れ墨であった。

あってもなくてもいい入れ墨に時間を割いたことに脱力しつつ、一行は到着地に着いたようだった。

今回のネタバレ感想まとめ

菊田と杉元がやっと会えたのに!まさかの悲劇です。菊田の立場が中央のスパイで鶴見中尉たちの監視をしていて、このタイミングで殺されるなんて、本当に不憫ですね。なんとしてでもその菊田の無念をノラ坊である杉元が晴らしてほしいです。そうすれば死んだ菊田も少しは浮かばれるでしょう。本当に。
そして少し気になるのは月島軍曹の鶴見中尉への心酔っぷりです。一番まともだと思ってたのに一番まともじゃないのではと疑い始めました。
そしてついにわかりましたね、まさかの五稜郭でした。場所もわかり、鶴見中尉たちも解けたとなれば、いよいよ最終決戦という感じがして少し寂しいです。
今後の展開に期待が高まります。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)