漫画ネタバレタイムス 「ゴールデンカムイ」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ゴールデンカムイ279話ネタバレ「俺の手柄!ついに解けた刺青人皮の謎」

ゴールデンカムイ ネタバレ

杉元と菊田特務曹長の過去と、不死身の杉本誕生秘話がいよいよ明かされる。
そして刺青人皮の秘密がついに解ける。
その時衝撃の事態が…!

前回 今回 次回
278話 279話 280話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:野田サトル「ゴールデンカムイ 279話 」

地獄行きの特等席の意味

若き頃の杉元と菊田特務曹長に、杉元に貸した軍曹の持ち主は日清戦争でなくなった菊田の弟ということを花沢勇作から聞き、菊田が自分を責めているのかと問う。「地獄行きの特等席」の意味を。

不死身の杉元誕生

そして菊田の回想シーンへ。

貧乏な家庭に生まれた菊田は、弟をご飯が食べられるから入ろうと誘っていたのであった。

そしてその誘いを受け、弟は陸軍へ入った。

しかし、日清戦争では戦死よりも餓死の死者の方が多かった。

菊田の弟である藤四郎は、餓死してしまったのであった。

菊田と杉元のシーンへと戻る。

「俺が殺したようなもんだ」とう菊田。

ご飯が食べられるからと陸軍に誘ったのに、そのご飯が食べられず餓死させてしまったことに責任を感じているである。

弟の軍曹を被る杉元。

誘ったのは菊田であるが、最後に決めるのは自分で決めることだから、何があっても恨むわけがないという。

その杉元の眼差しはまっすぐだった。

そんな菊田には、顔を上げた杉元と弟、藤四郎が重なって見えたのだった。

そして杉元はいう、自分を許して前へ勧めと。

さらに杉元は当然のように「俺は滅多に死にません、不死身ですから。」

不死身の杉元が生まれた瞬間である。

菊田は弟の軍曹を杉元にあげた。

そして2人はまた会おうと別れたのだった。

菊田が第七師団へ

そして陸軍に戻った菊田のシーンへ。

陸軍内の第一師団司令武の奥山秀山中将の前にいある菊田。そこには尾形の姿もあった。

そこで命じられたのは、鶴見中佐率いる、第七師団への転属であった。

おそらく花沢勇作の件で自分に諸刃の剣があたったのだと悟る。

理由は自分で考えろと奥山に言われる。

鶴居中尉の元で彼が暴走しないように監視するという命令であった。

命に従うしかない菊田に、奥山の隣にいる尾形は何者かと問う。

このとき、初めての尾形と菊田は出会ったのであった。

菊田と同じだというのだ。

共倒れをするなとお互いの邪魔をするなと、そう、告げるのだった。

花沢勇作は死に際に杉元を見る

1904年の二百三高地の戦闘中のシーンへ

陸軍になった杉元がいた。

撃たれた兵士が頭から血を流し、その周りを囲う兵士たち。よほど慕われていたのがわかる。そう、それは花沢勇作であった。

悲痛な声で叫ぶ花沢はもう死ぬ間際である。

しかし、そのとき突然花沢の目が開き、杉元を見つめた。

刺青の暗号、ウイルクが伝えたかったこと

回想シーンが終わり、

汽車で移動中の杉本一行のシーンへ。

アシリパが床に広げた刺青人皮を見ている。

椅子に座っている土方歳三に

これは?と訪ねた。

「鼓だ」と土方は答えた。

アシリパはたくさんの刺青を見ると、皮に共通の音の漢字が入ってることに気づく。

だが、暗号を解く大きな鍵である「ホロケウオシコニ」以外は囮、つまり偽物ということだ。

「「ホロケウオシコニ」の音を表す漢字は刺青人皮一枚につき4文字以上は必ず入っている そして皮を重ねるとピッタリ文字の間隔が合うものがある」

刺青の暗号を解くことに近づいたのだ。

さらに土方が

漢字に詳しくないアイヌのアシリパにあえて漢字の暗号を教えたことは
つまり、アシリパの父ウイルクからの和人と協力しで金魂を見つけろという意味で、
伝言であることを呟いた。

しかし、白石は協力ではなく利用しろということだという。

道を違えれば、鶴見中尉と今に至っていた可能性もあるのだから。

俺の手柄

シーンは教会の扉の前へ。

扉の前に立っているのは菊田だった。

菊田は過去に出会った「ノラ坊」が、日露戦争で活躍した不死身の杉元であったが分かり、感慨に浸っていた。

不死身の杉本のおかげで何人の日本人が死なずに済んだのか…

しかもそのきっかけを作ったのは俺なんだ、俺の手柄だ、ふっと笑う菊田であった。

その一方で杉元も菊田のことを考えていた。

次会うときには鶴見中尉側である菊田でも戦わなければならない、と。

アシリパと土方たちは亡き海賊房太郎から最後に渡された金塊を取り出した。

ウイルクが作り、支笏湖で無くしたと思われた金貨。

この金貨の中に刺青人皮とよく似た文様があるとアシリパは言う。

そのどの線にも交わらない一本の線に重要な意味が込められていると推測する。

鶴見中尉が何かに気づいて菊田を撃ち抜く

教会の中での鶴見中尉のシーン。

鶴見中尉も金塊を長らく見つめていた。

「解けた。」
と呟く。

刺繍人皮の周りに集まった。

それを見て部下たちも把握する。

二階堂浩平と菊田がやっと…という表情を見せる。

すると突然、

鶴見中尉が菊田の胸を撃ち抜いたのだった。

今回のネタバレ感想まとめ

杉元と菊田にこんな過去があったなんて驚きましたね。
杉本が陸軍に入るきっかけになった人物だったとは本当に感慨深いです。
ただ今菊田は監視役といっても鶴見中尉側…皮肉なことになってしまいましたね。
また判明した菊田の弟との過去。
菊田はたしかに自分を責めてしまうでしょうね。
そして杉元の不死身の杉元、
誕生の瞬間はここだったと言ってもよいのではしょうか。
また刺青の暗号の謎も徐々に解明していきましたね、
鶴見中尉は完全に解けたように思えます。

やはり末恐ろしい人ですね、鶴見中尉は。
まさか躊躇なく仲間の菊田を撃ち抜いてしまうとは。
せっかく杉元と再会して勝負なのか味方なのかっていうところも見たかったのですが、それも悲しいところです。

今後の展開が気になりすぎますね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)